マンションの鑑定評価、不動産鑑定士さんに聞きました

マンションの鑑定評価、不動産鑑定士さんに聞きました。

マンションの鑑定評価、不動産鑑定士さんに聞きました

マンションの鑑定評価、不動産鑑定士さんに聞きました。

首都圏に限って言えば、ここ3年のデータで、新築マンション月間契約率が2009年は、69-73パーセントでした。2010年には、77-80パーセント、2011年は、前半は、84パーセントを超える月もあるものの、後半は69パーセントになっています。

これは、超高層マンション等の建設ラッシュや、デザイナーズマンションの人気により、その発売時期等に購入が殺到したのが原因です。また、低迷期は、地震の影響でマンション需要が減った為と言われています。

さらに、郊外型一戸建てへの回帰現象等もあげられます。

ただ、低迷と言っても、価格に比べて需要は常にある状態です。

中古でも、超高層マンションの人気の階数等は、相場通りの状況で売りに出されて、買いも付いている状態なので、悲観的な状況ではないと言えます。

むしろ、最近ではインターネットの普及で、不安に思われていた耐震性の強化が行われていることが知られて来ました。

むしろ、これから、需要が伸びる可能性も秘めています。

今後の購入層に指示される為に、マンションの売りは設備がしっかりしていることと景観なので、その辺りをもっとアピールすると結果が出るはずです。

マンションの鑑定評価、不動産鑑定士さんに聞きました

マンションを取り巻く状況とその評価法

マンションを取り巻く状況とその評価法についてです。

資産価値を左右する主要ポイント

資産価値を左右する主要ポイントには様々な要因があります。

マンションの鑑定評価、不動産鑑定士さんに聞きましたマンションを取り巻く状況とその評価法資産価値を左右する主要ポイントサイトマップ